新潟情報

親知らず抜歯をしたその後。抜く!抜かない!術後経過!

26歳最後に親知らずを3本抜歯しました。
全く頭も見えてない親知らずだったので切開して抜きました。

親知らずはいらないものという先生もいれば、抜かなくてもいいという先生で分かれます。

その理由を調べてみたのと、私の術後を記載しようと思います!

親知らず抜く!?抜かない!?

親知らずは「抜いたほうがいい。」という先生と「抜かないほうがいい。」という先生で分かれます。

抜いたほうがいい場合。
・痛みがある。
・押されてる感じがある。
・虫歯になっている。
・虫歯になる可能性がある。
・歯科矯正を始める。
・歯科矯正を終えた。

抜かないほうがいい場合。
・痛みが無い。
・真っ直ぐ生えている。
・虫歯になっていない。

こうして見ると抜いたほうがいいように思うのですが、抜くにもリスクはあります。

簡単にまとめてみました。

1.保険適応になるけど1本3,500円くらいかかる。(診察料金は別途。)
2.抜歯後4日間はパンパンに腫れる。痣になると治るのに2週間かかる。
3.膿む可能性がある。
4.唇・頬。舌にしびれが残る可能性がある。
5.違和感が完全に無くなるには1ヵ月から半年かかる人もいる。

これを頭に入れて口腔外科に行かれるのがいいと思います!!

親知らず抜歯!私の場合。

私は右上1本はものすごい激痛で生えてきて頭が見えた時点で「これ以上生えるスペースないですねー。」という先生の言葉で一般の口腔外科で抜歯となりました。

それから2年間悪さもしない親知らずは眠ったままだったのですが、26歳最後にして押されて激痛を感じるようになりました。先生に伝えたところ「大学病院に紹介しますねー!」と手紙をもらい、後日、大学病院へ行きました。

大学病院の先生はとっても難しい手術を沢山こなしているので「あと3本もう抜いちゃいましょうかー。」という感じでした。その日にレントゲンを撮り手術の予約をしました。

まず右下の1本を抜いて、1か月後左の上下同時に抜くというプランでした。

右下1本の結果。

2日後に抜糸しました。その後痛みが治まらず1週間後に行くと膿んでいました。

抗生物質をもらいのんだ2日後ブチブチがでて、ペニシリンのアレルギーだと判明しました(笑)。

これが笑えるのはアナキシラフィーショックにならなかったからです!

私は親知らずを抜歯したことによってペニシリン系の薬にアレルギーがあることがわかりました!

その後1ヵ月たった今、痛みもしこりも消えて万々歳です!!

そして1か月後。

左の上下2本の結果。

今回は1週間後に抜糸しました。

抜歯4日目から口の中の臭いが気になりました。。膿んでいるような独特な臭いです。抜糸をすると臭いは一気に治まり始めました。

先生に「膿んでませんか!?」と聞くと「あのね、歯を抜いてへこんでる場所を分泌液で埋めるから多少はしょうがないですよー。基本的に膿むことはないから気にしないほうがいいけど、1か月後の完璧に閉じるときにまれに膿むことがあるから、1か月後気になることがあったらすぐに来てください。」と言われました。

今は2週間経っていますが、たまに分泌液の味がします。が、大きく口も開けれるし、腫れも引いてきてるので、順調だと思います!!

私が思うに先生の腕がものすごくよかったと思います!!麻酔も全く痛くなかったし、下の親知らずを抜歯するのは30分、上の親知らずを抜歯するのは5分ほどでした。他の手術室の先生が見に来てビックリしていました(笑)。抜く時間がかかればかかるほど、治るのもそれと同等な時間を要すると思います。なので、先生はとっても大切だと私は思います!!

まとめ

私が思うに早くに抜いたほうがいいと思いました。なぜなら顎が外れそうな感覚を覚えるからです。そして歳を取ればとるほど治りも遅いからです!

もちろん後遺症のことも軽視はできませんが、よっぽど神経にかかってて先生が「やめたほうがいい。」と言われない限り、早めに抜いたほうがいいと思いました!!