Webサイト情報

ECサイトにアクセスがない!アクセスがない時に絶対したいSNS活用方法|ふぁみぐろ

1つ前の記事でBASEとストアーズ.jpを使ってのECサイト作成の方法を紹介しました。

BASEとストアーズを比較
無料でネットショップをオープンするなら?ECサイトを今すぐオープンする方法|ふぁみぐろECサイトをオープンしたい!外部にネットショップ開設を依頼すると100万円近い料金が必要になります。できるなら初期費用は押さえたいですよね。そこで安く、早く、完璧にネットネットショップを開設するのにオススメなBASEとSTORES.jpについて調べました。...

でも、ここで大切なのがネットショップを作ったからと言ってすぐに売れるわけではありません!

私が大々的にやっていなくてもホームページを作っていることを知っている人からたまにサイト作成やサイト運営に関する相談を受けることがあります。

その相談の中でも多いのがこんな感じ。

・サイトを作ったけどアクセスがない
・お問合せがぜんぜん来ない
・人に見られているかわからない
・人に見られる方法がわからない。

ホームページを作る=世界に情報、お店を宣伝できる

たしかにそうですが、ホームページを作ってOKと思っていると何も売れないことにびっくりすることも。

ここではBASEなどでECサイトを作成したけどアクセスがない、ホームページを作ったけどアクセスがないという方にしてほしい!

作ったサイトをいろんな人に知ってもらいお問合せ、販売拡大につながる方法を紹介します!

ECサイト、サイトを作ったらSNSで宣伝は絶対!

サイトを作ったら絶対にしてほしいこと。

それはSNSを使って宣伝をすること。

SNSとはソーシャルネットワークサービス

SNSというと何?と思うかもしれません。

ただ、Facebook、インスタグラム、ツイッターといえばピンとくるかもしれませんね。

~宣伝で使いたいSNS~

・Facebook(Facebookページ)
・インスタグラム
・ツイッター
・Google+

上記で紹介したSNSを使えば、早く作ったホームページを世界に発信することができ販売拡大、お問合せ増加への道が開けること間違いなし!

そもそもなぜホームページを作る=終わりという考えが広まったか

そもそもなぜホームページを作る=売上増加!という考えが広まったんでしょうか?

Webへいが思うに理由は2つあります。

・Google、Yahooの検索の上位になればほっといてもアクセスがあるから
・サイト作成業者が発注を欲しいばかりに過大に言っている

サイトを作ってアクセスがあるというのは、検索エンジンの上位に出ている時のことを言います。

スマホで何かわからないことがあったらGoogleやYahooで調べますよね。

おそらく何かを調べてみる情報は検索してでてきた上から1~5番目くらいだと思います。

この1~5番目に出るというのが重要で、検索の上位にでればサイトへのアクセスが増えます。

何を宣伝するサイトならお問合せが常に来る。
販売サイトなら毎日何かが売れる。

ただ、検索の上位になるのは難しくなっています

なぜならサイトを作っている競合、同業者が多くなったから

サイトでの販売経路が始まったのはここ数年の話。

数年前であればサイト事体の数も少なかったので上位に表示するのも簡単だったかもしれません。

最近はサイト数も増えてきていますので、簡単に上位表示するのは難しくなっています。

しかも、以前はYahooとGoogleの検索結果は違っていたのですが、YahooがGoogleの検索システムを使い始めました

どうゆうことかというと、Googleで上位表示しないとYahooにも表示されないということになってしまったんです

こうゆう状態に合わせて悪質なホームページ作成業者の存在もあります。

ホームページ作成業者は、受注がほしいばかりにサイトを作れば売り上げ増加します!と宣伝する。

ホームページの仕組みがよくわからないと注文をしてしまいますよね。

そして、サイトを作ってもらったはいいけど、まったくアクセスがなくお客さんから注文がないという事体になってしまうんです。

サイトを作っていろいろな人に見てほしい!
その方法の1つがSNSなんです!

ココから具体的にFacebook(フェイブック)、インスタグラム、ツイッター、Google+でどんな宣伝をしていけばいいか紹介します

SNS別!アクセスが見込める宣伝方法

少しだけもSNSを使ったことがあるのであれば宣伝方法は何となくわかるかもしれません。

簡単にいうと「投稿」をすることで宣伝をすることができます。

しかし!ただ投稿をするだけで宣伝ができるわけではありません!

あなたのゴールはサイトを宣伝することではなくお問合せが来たり注文があることですよね!

そうなると各SNSでの投稿する内容を変えて投稿することが大切になってきます!

ただ1つだけどのSNSでも共通することがあります!

それは嫌な気持ちにさせない

嫌な気持ちにさせないということを意識して投稿していってください!

ここから各SNSでの投稿するコツを紹介していきます!

FacebookはFacebookページからの投稿がスムーズ

Facebookで投稿する場合、まずはじめは宣伝したいホームページのFacebookページを作成して投稿することが大切。

~Facebookページとは?~
Facebookページとは、企業、店舗、NPO法人、ブランド、商品など個人ではないものでFacebookを使いたいという時に登録するサービス。

Facebookは個人名で登録できるサービス。

企業はお店、ブランドは個人ではないので以前は使えませんでした。

なので、Facebookページという項目ができ、Facebookページなら企業やブランドなど個人ではないものを宣伝できるようになったんです。

また、facebookページを作る理由はもう1つあります。

それはいきなり個人アカウントのFacebookで宣伝をするのはさけたいからです。

自分のことで考えてほしいのですが、友達だった人がいきなり商売っ気をだしてきて、宣伝ばかりになったらどう思いますか?

いやな気持ちになりますし、自分も売り込まれるんのではないか?と思ってしまいますよね。

Facebookで友達になっている人が仕事関係のつながりばかりだったらいいかもしれません。

ただ、リアルな友達も多く登録している、仕事とプライページは分けたい!

そんな方は絶対にFacebookページでの登録をしてください。

投稿内容は宣伝+個人の感想orプラスな情報

Facebookページを作ったら次に投稿する内容。

facebookページは企業が開設しているページが多く、facebookを使っているユーザーの多くがFacebookページの投稿は宣伝が多いというのを認識しているので、嫌われない傾向にあります。

それでも宣伝ばかりになると読まれない傾向にあります。

ではどんな投稿がいいのかというと、宣伝に合わせて投稿をしている人の感想やプラスな情報を盛り込むことで読んでもらえる傾向にあります。

例えば、宣伝する内容に合わせた豆知識や、自分にはとって常識的だけど他の人からしたら知らないことがあるはず。

そのようなことを書くことで「読まれる宣伝」になります!

ツイッターはユーザーとのコミュニケーション重視

ツイッターで宣伝をする時は「宣伝色」を強くするとすごく嫌がられる傾向にあります。

ツイッターのサービスの内容がつぶやきというのが元にあるからかもしれません。

投稿する内容も宣伝というよりは、宣伝する内容に対して投稿をしてコミュニケーションを図る方向で投稿をするのが良いです!

何より重要なのはフォロワーを集めること。

宣伝目的のアカウントだとフォローされずだれにも投稿が届かないことになってしまう場合も。

宣伝だけでなく日々のつぶやきや豆知識などはさみつつ宣伝するのが大切です!

インスタグラムは写真重視&認知度を上げるのに最適

インスタグラムはとにかく写真が大切。

インスタグラムで企業のアカウントが投稿する傾向にある写真は2種類。

・商品やサービスを使ってみて生活がよくなっていることを想像させる写真
・見ていて楽しませる写真(エンタメ系)

どんなもの、どんなサービスによって変わってきますが写真はキレイなもの、見ていて楽しい写真を投稿するのがコツ。

インスタグラムは宣伝というよりは商品やサービスを認知してもらうという使い方がベスト。

アカウントのプロフィール欄にホームページのURLを載せることができるので、アカウントのプロフィール欄からサービスを見てもらう形になります。

写真の撮り方や見せ方にもコツがありますのでそれはまた別の機会に紹介します。

SNSで素早く宣伝をするのであれば広告も有効

SNSで宣伝をするのはただ投稿をするだけでなくアカウントを育てることも大切になってきます!

日々、アカウントにファンをつくように投稿する、そこから宣伝を組み込むというのが求められます。

サイトを作るというのとはまた違うんですね。

ただ、SNSでの宣伝はスピードがない場合もあるので、早くサービスを広めたいという場合はまどろっこしく感じることもあるかもしれません。

そんな時に使いたいのが広告です。

~各SNSの広告の種類~

facebook・・・Facebook広告
インスタグラム・・・インスタグラム広告
ツイッター・・・モーメント広告

ネット広告ともいわれます。

広告を使えばお金が必要になりますが、早く段階で多くのユーザーや広めたい年代にダイレクトに知ってもらうことができます。

広告というと10万円~20万円、100万円という金額が必要になるイメージではないでしょうか?

ネット広告の場合は広告をクリックされたら課金される仕組みがほとんど。

課金される金額も1クリック2~5円という金額に抑えることができます。

広告費が1クリック5円で1日100クリックされたとしたら500円、1か月で1万5000円という金額で宣伝をすることができます。

SNSの広告はSNSのアカウントがないとできないので、SNSを使っていれば広告を使うことができるのもメリットの1つです。

重要なのはSNSの特徴を把握して活用すること

サービスや商品を発信、販売する方法はどんどん増えてきています。

増えてきているので複雑になっている部分も否めません。

ネットで何かを販売するというのは簡単というイメージが強いです。

ただ、もうネットで何かを発信するだけでものが買われる、有名になるというのは無いです!

もし、ネットを使うだけで有名になる!サイトを作るだけで絶対に買われる!という宣伝をみたらまずウソと思っていいです!

ECサイトだけでなくネットでビジネスをするというのはサイトを「育てる」というのが大切になってきます。

サイトを育でるのでSNSは強い味方になってくれることは間違いありません!

サイトを作ったけどいまいち反応がない!という方はぜひ」SNSを使って宣伝をしてみてください!